難治性精神疾患に関する

医療相談の窓口が誕生しました

東京都の難治性精神疾患に関わる医療相談はこちら

この相談窓口は、東京都の難治性精神疾患地域支援体制構築事業の一環として、
都内で精神科病院等に従事する職員および地域で難治性精神疾患を有する患者さまへの支援に携わる事業者および行政関係者から
専門的治療(クロザピン・ECT)に関する相談を受け、助言を実施する窓口として開設されました。

なお、当相談窓口は、東京都より委託を受け、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターが実施しています。

相談窓口ホームページについて

相談窓口の目的

東京都では、入院が長期化しやすい難治性の精神疾患を有する患者さまが、治療抵抗性統合失調症治療薬や電気けいれん療法を用いた専門的治療を受けながら、地域で安心して生活できる支援体制の構築に向けた取組を行っています。

相談と回答までの流れ

治療抵抗性統合失調症治療薬や電気けいれん療法に関する専門性が高い事項を有識者に相談したいが、職場に有識者が不在で困った・・・
そんなときには当窓口にご相談ください。

相談担当者

国立精神・神経医療研究センター病院の精神科医師、病棟看護師、精神保健福祉士等、多職種連携で担当します。

相談連絡票

相談連絡票の入力は常時受付しております。

お知らせ